読書/勉強の記録帳

本の概要や、勉強したことをまとめるブログ。

一流の学び方(読書まとめ)

タイトル

www.amazon.co.jp

本を読む目的

仕事に活かせる、身につく勉強方法を知るため

書評

  • 仕事に活かすための「学び方」を紹介している本

まとめ

学びのステップ

  1. 概念の理解:「知ってる」知識
  2. 具体の理解:「やったことがある」経験
  3. 体系の理解:「できる」能力
  4. 本質の理解:「教えられる」見識
    • 「〇〇とは△△である」と一言で表すことができる状態

各ステップのアクション

  • 概念の理解
    • 情報マップの作成(3章-3):時間をかけない。学習の途中で適宜修正する。
      • カテゴリーの設定:書籍の目次を参考に。入門書の目次をカテゴリーにしたり。
      • 書籍のピックアップ:カテゴリーごとに。20-30冊程度。
    • 学習ロードマップの作成(3章-4)
      • いつまでに、なにをするか、計画を立てる
      • インプット&アウトプット、両方の計画を立てる
    • 多読によるインプット(3章-5)
      • カテゴリーでまとめ買い&パラレル読み
      • まずは書籍すべての目次に目を通す
        • 情報マップに足すべきカテゴリー/情報がないか確認
        • どこをどの程度読めばいいか確認
      • キーワードをピックアップ
  • 具体の理解
    • ラーニングジャーナルの作成(3章-7)
      • インプット内容をブログに記録する
        • 情報マップのカテゴリーでブログのカテゴリーを分けると◎
      • 内容は「キーワード」「自分で見聞きしたこと」「書評」
        • キーワード:自分でタイトルをつけて一つにくくる。これをブログタイトルに。
        • 書評:3行書評。備忘程度。
    • 人から聞く/盗む(3章-8)
    • 人に話す/勉強会を開く(3章-9)
    • 実戦で学んだL&Lをスプレッドシートにまとめる(3章-10)
      • L&L=知識や教訓(Lessons&Learned)
      • 実戦したことを次に生かすためのデータベース
      • 「誰と」「何をして」「どうだったか」「反省」「次にどうするか」を2行程度にまとめる
  • 体系の理解
    • チャートを作成する(5章-2)
      • 学んだことを図式化する
      • チャート=構成要素×関係性
      • 3つの作成ステップ
        • テーマ決定:チャートで表すことを端的に示す一言
        • 構成要素の抜き出し:外せないキーワードを選ぶ
        • 関連性の定義:構成要素を関連付ける
      • 3つのチェックポイント
        • レベル感:重要度/規模が同レベルな構成要素となっているか
        • メッセージ性:誰でも作成者の意図を読み取ることができるか
        • 普遍性:ほかの知識/スキルに応用できるか
      • 複数の切り口でいくつかチャートを作ると、理解度UP
  • 本質の理解
    • 因数分解による「本質」抽出(5章-7)
      • 言葉のレベル感を統一する
      • チェックポイント
        • 記憶に残るか
        • さまざまな事象を整理・分析したり、結論を導き出せるか
        • 新しい何かを生み出したり、課題に取り組む際の指針となるか

学ぶ時のポイント

  • 全体を把握してから各論に入る
  • アウトプットを忘れずに

感想

  • なんとなく感じていることが、明確に言語化&整理されていた
  • 学びのステップは、目標設定の達成レベルと一致してた
  • 学びをオープンにする点が自分の課題となりそう
  • アウトプットについて:簡潔に人に伝えることが苦手だから、まずは家族へのアウトプットを意識的に行う
  • まずは「営業」の勉強で実践していく(直近で活かせそうな場があるから)